ネガティブな波動への対処!簡単にできる浄化方法

自分らしく生きる

こんにちはmayaconです。

大勢の人が集まる場所や、少し嫌な感じのする場所に行ってしまい、体調が悪くなったり、肩が重くなってしまったことはありませんか?

私たちは自分では気付かないうちに、他人のネガティブな波動を受けたり、波動の低い空間にいることによってマイナスのエネルギーの影響を受けてしまいます。

日頃波動が高くて良い状態を多く保っていると、波動の低い空間に留まることによって気分が悪くなったり体調不良になったりすることがあるのです。

今回はそのような時の対処方法として、誰でも簡単に出来る浄化方法についてお伝えさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

浄化方法 パロサント

数年前からNYのファッション関係者やヨガインストラクターなど、感度の高い人々から支持を受けているという野生の香木パロサント、サステナブルな芳香用品としても注目されています。

原産地であるペルーやアルゼンチン北部、パラグアイなど中南米沿岸部では”聖なる木”、”神の木”と呼ばれているのだそうです。

西暦1200年頃からインカ帝国のシャーマンたちが、浄化の儀式やヒーリングに用いてきたカンラン科に属する野生樹で、白檀(びゃくだん)のような甘い香りがします。

主成分は柑橘類に含まれているリモネンが豊富とのこと!

リモネンは血行を促進したり、体内の新陳代謝を活発にするなど、体に嬉しい作用をもたらします。

※リモネンは猫ちゃんには害があるとされている成分ですので、猫ちゃんを飼われている方はお気を付けください。

パロサントには浄化力とともにパワーチャージ力も備わっているため、身体に入り込んだネガティブなエネルギーを取り去るのはもちろん、守りのちから”を強化してくれるという効果まであるのです。

使い方は木片に火をつけて20秒くらいたったら消し、浄化したい場所に煙をくぐらせるスマッジングを用いたり、そのままお部屋に置いておくだけでも大丈夫です。

パロサントは”陽の性質”を持っているので自然とポジティブなエネルギーを集めます。

お部屋に置くだけでも浄化の効果を発揮してくれるのです。


スポンサーリンク

浄化方法 ホワイトセージ

『ホワイトセージ』は西暦1000年よりも前から、ネイティブアメリカンが使い始めたのが最初と言われています。

ネイティブアメリカンは自然を崇拝する文化を持っていて、”自然、植物、大地、空気、動物、水、風、火”などにはスピリットが宿っていると考え、調和しながら生活することが生きることそのものであったそうです。

インディアン

ホワイトセージは自然界で生まれた純粋な植物であり、毒性もなかったため、”聖なるハーブ・神聖な賢人”と呼ばれ様々な儀式などに用いられてきました。

使い方は煙を潜らせるスマッジングが一般的です。

ガラスや陶器(ホワイトセージを入れる器)を用意して、ホワイトセージを焚きます。

器は本来アバロンという貝のものが良いとされていますが、なければ耐熱性の器でも大丈夫です。

ホワイトセージ

身体から10㎝~20㎝位離したあたりを目安に、器を”時計回り”にまわしながら頭のてっぺんから足の裏まで煙を潜らせます。(背中も忘れずに)

※時計回りは解放で、左回りは封印を意味します。

浄化が終わった後は”低いエネルギーを煙が吸収している”ので、必ず換気を行いましょう。

※気管支が弱い方などは、吸いすぎるとむせたりすることもあるかもしれませんのでお気を付けください。

煙の浄化はとても効果があるのですが、手間をかけずにホワイトセージで浄化したい場合は、エキスを抽出して作られたスプレーもありますので、利用してみるのも良いかと思います。

香りはアロマオイルのウッド系のような香りです。


浄化方法 フラワーエッセンス

『フラワーエッセンス』とは、花などの植物の波動を新鮮な水に転写させたものです。

アロマオイルなどのように、花の成分を抽出したものではありません。

波動”という見えないエネルギーが転写されているのですが、このようなフラワーエッセンスは欧米では医療現場でも使用されているとのことで、その効果は高く評価されているのです。

精神の免疫力にも働きかけてくれるため、自分軸を保つことにも役立ちます。

いろいろな種類のフラワーエッセンスがありますが、中でも効果が高く人気のフラワーエッセンスは”ヤロー・エンバイロメンタル・ソリューション”です。

こちらのフラワーエッセンスには白、ピンク、ゴールドの3種類のヤロー、エケネイシャ、アルニカ、ケルトの海塩などが使用されています。

主な効果は、パソコンやスマホなどの電磁波からガードしてくれる他、オーラの修復、精神のバランスをもたらす、否定的な感情を吸収しないなど、生命力を守り健康と精神の安定も強化してくれるのです。

スプレータイプとスポイトタイプがあり、身体にスプレーしたり、数滴口に落として摂ったりします。



浄化方法 天然塩

日本では古くから、お店の店先に盛り塩を置いたり、お葬式から帰った時は玄関先で塩で身体を清めるなど、塩を使って浄化をすることが日常的に用いられてきました。

塩には空間にある見えないエネルギーを清める効果があるとされているのです。

浄化に使用する塩は、なるべく海由来の天然塩が良いと言われています。

海由来の天然塩がなぜ、このように浄化力が強いのかといいますと、海という地球の自然の浄化エネルギーが多く含まれているからなのです。

海

一番効果的な方法は、”天然塩を手のひら一杯分お風呂の湯船に入れて浸かる”ことです。

天然塩の浄化力によってネガティブなエネルギーが身体からはがれ落ちます。

この塩風呂は一人しか使用できませんのでご注意下さい。(先に入った人の身体からはがれた、邪気たっぷりのお湯に次の人が入るのは良くないため)

家族が入るお風呂であれば最後に塩風呂にすると良いと思います。

まとめ

私たちの身体もおおもとは”素粒子”から出来ています。

目に見えるものだけではなく、波動や想念といった目に見えないものから影響を受けるのは、とても自然なことなのです。

素粒子

また現代は1日中パソコンや携帯によって電磁波にさらされるなど、さまざまな環境によるダメージも吸収してしまいます。

身体が重くなったり、だるくなったりするのは加齢や疲れによるものだけとは限りません。

ネガティブな波動への対処を簡単にできる方法、ご自身に合うものを試してみてはいかかでしょう。

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメント