宇宙人として生きる・グレゴリーサリバン著を読んだ感想!

雑談

こんにちはmayaconです。

グレゴリー・サリバン氏の書籍『ホログラムマインドⅡ宇宙人として生きる』を拝読しました!

こちらの書籍は2021.7.26に発売されています。

UFOやETコンタクトの話や、闇の存在についてなど今まで語られて来なかったスピリチュアル界が直面しているジレンマに至るまで、盛りだくさんの内容となっています!

早速感想をシェアさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

宇宙人として生きる 概要

この書籍の作者はJCETI(日本地球外知的生命体センター)代表のグレゴリー・サリバン氏(以下グレちゃん)です。

日本人のこれまでの宇宙人やUFOといった概念を書き換え、全く新しい宇宙観を根付かせる活動を展開されていて、日本各地で世界共通の※ETコンタクトやセッションを行っている方です。

その他にも音楽プロデューサーやYouTube配信など、幅広く活動をされています。

※ET⇒Extraterrestrial(エクストゥラティレストゥリアル)地球外生命体

本来の地球の※アセンション(次元上昇)についての理解を深めることを目的として書かれていて、自分のエネルギーを取り戻すワークや、闇の存在から身体を守る12次元シールドの作り方なども知ることができます。

※アセンション⇒現在地球は3次元から5次元へと次元上昇する過程にあるといわれています。

長年にわたり地球人類を影で操っていたというアルコン(どんなことをしても人間を支配したい宇宙存在)の影響を、私たちが日常的に受けていた、というお話には驚きました・・・

この話題については、人によっては少し怖いと感じてしまうこともあるかと思いますが、グレちゃんいわく、人々の意識の変化はかなり加速し、光のサポートも強くなっているので恐怖心に影響される心配は一切ないとのことです。

アルコンとは対極にガーディアンと呼ばれる宇宙存在がいます。

ガーディアンは人類の進化や地球の成長と解放をサポートしている存在です。

ガーディアン・ネットワークは『銀河ファミリー』『銀河連盟』などといわれていて、いつも私たちを見守ってくれていて、地球に生きる全ての人が彼らのサポートを受けているのだそうです。

アルコンが侵入してきた不正なエネルギーの流れを修復したり、ネガティブなエネルギーに対して無防備な人々の護衛もしてくれているとのことです。

中でも、自分のガイドとコンタクトできるドリーム・コンタクト宇宙ファミリーからのサインを体験できる方法などは、とてもシンプルで参考になりましたので少しご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドリーム・コンタクト

私たちが寝ている間にETガイドや宇宙ファミリー、他のスターシードの仲間たちと四次元レベルで合流し、会議をしたりエネルギー調整を受けたりすることを『ドリーム・コンタクト』というそうです。

夢の中で宇宙存在たちと交流した経験が、3次元で体験するETコンタクトの準備となり、実際に宇宙船やETに出会うことに対する恐怖心が生じにくくなるのだそうです。

大怪我や大病を避けるといったタイムラインを修正したり、人生プランの微調整なども行われたりしているとのこと・・・

このドリーム・コンタクトを行う方法は、毎日寝る前にドリーム・コンタクトを通じてガイドたちと繋がりたいと意識することだそうです

ドリーム・コンタクトを継続していくと、夜の星空の中で人工物とは明らかに違う宇宙船と遭遇することが増え、さまざまな合図を送ってくれていることに気付きやすくなるそうです。

宇宙ファミリーからのサインを体験できる方法

宇宙ファミリーからのサインを体験できたら、嬉しいですよねw

高次元からのサインやシンクロニシティを読み取れるようになるのは、最初はなかなか難しいとのことですが、宇宙ファミリーはさまざまサインを送ってくれているそうなのです。

キャッチするには以下のステップが必要です↓↓

  1. 思考停止の状態になること
  2. サインを依頼すること

サインの依頼の仕方は「これから24時間のうちに少なくとも5回、サインを私に見せてください」といった感じで口に出して言ってみるのだそうです。

サインを受け取るコツは子供の頃の様な感覚で、普段あまり意識を注がないところに注意を向けるようにすると、驚くほどコミュニケーションが始まるそうです。

宇宙ファミリーからのサインを受け取りたいあなたはぜひお試しを。

最後までご覧頂きありがとうございました!


コメント