竜とそばかすの姫あらすじと感想 ネタバレ注意

雑談

こんにちはmayaconです。

竜とそばかすの姫が2021年7月16日全国一斉劇場公開となりました!

こちらの映画は細田守監督の作品です!

公開初日に観に行って参りましたので、早速あらすじと感想をシェアさせて頂きたいと思います。

これから映画をご覧になる予定の方は、ネタバレありますのでご注意ください!

スポンサーリンク

現実世界のすずと仮想世界のBell(ベル)

作品には全世界で登録アカウント50億人を突破してなお拡大し続ける、史上最大のインターネット空間、究極の仮想世界『U』が登場します。

『U』では現実世界の自分(オリジン)を生体スキャンして『As(アズ)』と呼ばれる分身を作りだします。

『U』にはオリジンアズをボディシェアリングさせる機能があるので、その人の隠された能力を無理やり引っ張り出すことができるのです。

主人公は、高知県の自然豊かな街で暮らす女子高生です。

合唱をやっていたお母さんの影響で、幼い頃は歌うことが大好きな女の子でした。

しかしお母さんはすずが6歳の時に、すずの目の前で増水した川の中州(なかす)に取り残された子供を助けるために川へ入り、子供を救って自らの命を落としてしまったのです。

それ以来すずは、大好きだった歌をうたうことが出来なくなってしまったのでした・・・

ある日、すずは親友のヒロちゃんの誘いで『U』に参加することになります。

現実世界のすずはどこにでもいる普通の女子高生ですが『U』の中で、すずのアズであるBell(ベル)は美しい歌姫となります。

『U』の世界でBellとなったすずは、今まで歌うことがまったく出来なかったのですが、あっという間に歌を取り戻していくのです・・・

親友のヒロちゃんのプロデュースにより、またたく間に『U』で人気者となったのでした。

『U』で一躍有名になったBellは大勢の観客を集めライブをやることになるのですが、そのライブの会場に突如凶暴な『竜』があらわれます。

正義を名乗るアズの集団が執拗に竜を追立てる中、Bellは竜と出会い、次第に彼を守りたいと思うようになるのでした・・・

スポンサーリンク

現実世界のケイくんと仮想世界の竜

Bellのライブをめちゃくちゃにしてしまったことにより、人々は竜について検索し始めます。

竜は『U』の世界で縦横無尽に振る舞っていました。

格闘技などでは残忍なまでに相手を叩きのめします。

そのような行動を人々は誹謗中傷し、やがて正義を名乗るアズの集団は竜のオリジンの正体を暴く(アンベイルする)ため、竜の居場所を突き止めようとエスカレートしていくのでした・・・

竜は誰なのか?背中にいくつものアザがある、自分の前に現れた竜のことをBell(すず)は思い悩みます。

現実世界のすずは、正義を名乗るアズたちから竜を守るべく仲間たちのちからを借りて、竜のオリジンを探します。

やがてインターネット上で『竜を応援する子供たちのサイト』の中にいた、一人の少年に繋がりを感じアクセスしてみます。

パソコンの画面の向こうにいた幼い少年は、Bellの歌を口ずさんでいました。

しかしその直後、少年の父親が現れ・・・Bellの歌を口ずさむ少年を激しくいさめます。

それでも歌うことを止めない少年に父親は拳を振り上げ・・・

そこで目にしたのは、父親から少年(弟)を守り虐待を受けていた兄ケイくんの姿でした。

竜のアザは現実世界で父親から虐待を受けていた、ケイくんが背負っていた心の傷から出来ていたのだとすずは気付きます。

竜のオリジンは、父親から虐待を受けていた14歳の少年ケイくんだったのでした。

父親から虐待を受けることにより傷を負い、押さえつけられて怒りとなった感情が『U』の中で、竜の凶暴な姿へと反映されていたのです。

すずはインターネットの画面越しにケイくんに助けになりたいと呼びかけますが、Bellのオリジンがすずだとわかるわけもなく、ケイくんは接続を切ってしまうのでした・・・

すずの覚悟

ケイくんにBellがすずだとわかってもらうには、ただ一つの方法しかありませんでした。

それは『U』の世界でアンベイルされて、Bellのオリジンがすずであることを、ケイくんに知らせることです。

覚悟を決めたすずは、自らアンベイルされ本当の自分として姿を現し『U』の世界で歌うのでした。

たった一人の竜(ケイくん)のために・・・

『U』の世界にアンベイルされた現実世界のすずが現れ、歌うシーン・・・

最初は、美しい歌姫Bellが普通の女子高生だったことで、みんな騒然となります。

しかし、次第にすずの歌声が人々の心をひとつにしていき、奇跡をおこしていくのでした・・・

竜とそばかすの姫 感想まとめ

竜とそばかすの姫は、日本映画かつてないスケールの中で描かれるインターネット上の美女と野獣で、最先端のCG技術と手書きアニメーションを融合させた映像表現になっていると、細田監督は明言されています。

最初映画を見に行くことを決めたとき、多分ハンカチはいらないだろうと思っていました。

なぜかと言いますと、細田監督の作品は『時をかける少女』と『未来のミライ』を拝見させて頂きましたが、感動して泣くという類の映画ではなかったのであります。

(どちらも不思議でとても想像力をかき立てられる作品で、映像表現素晴らしかったことは間違いありません)

細田監督の他の作品を観ていないので、なおさら先入観がありました・・・

しかし、念のために持って行ったハンカチが役に立ちましたw

胸が熱くなり、こらえきれないほどの感動を味わってしまったのです。

何かを必死に伝えようとする『想い』と、それに共鳴して起こる『反応』仮想世界と現実世界がひとつになる奇跡。

映像の美しさにも心を奪われました。

『竜とそばかすの姫』何度も観たくなる、心に残る作品です!

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメント