ネガティブな人との付き合い方とは?

自分らしく生きる

こんにちはmayaconです。

ここ最近瞑想の効果もあり、毎日満たされた気持ちで過ごしてきました・・・

ところがつい昨日のこと、過去から続いているちょっとした家の問題があるのですが、そこで母と言い争いになり、久しぶりに大きな葛藤を経験してしまいました。

うちの母親は私と正反対の考え方をするタイプで、まさにネガティブ大魔王といった感じの人ですw

そんな母が嫌いというわけでもなく、日々感謝もしています。

できれば、私が今まで学んできたポジティブを選択することで幸福感を感じてもらえたら嬉しいと思い、時々そのような話をしたりするのですが・・まったく聞く耳を持ってもらえないのでありますw

どうしたら良いものかと悩んでいた時、とても参考になる情報をキャッチしました!

今回は、ネガティブな人との付き合い方と題しまして、お伝えさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

ネガティブな人の状態は?

ネガティブな母にポジティブを選択することで幸福感を感じて欲しくて、話をしていたということについてなのですが・・・

この行為は逆効果だったのであります。

ネガティブな人は自分が感じていることについて、ポジティブな人から励まされたりアドバイスを受けると拒否反応を起こすのだそうです。

拒否

なぜかというと、ネガティブの居心地がいいから・・・

ネガティブの居心地がいい人なんているの?!と思ってしまいますよね。

私もそう思います。しかしそのように思ったあなたは今ポジティブな人なのです。

ネガティブな人は今の自分がいる場所(思考)が心地よいと感じているため、そこから自分が引き上げられそうになると、居心地が悪くなってしまうのです。

これは波動の法則にもあてはまります。

ネガティブで自己否定がある場合は波動が低くて弱い状態ですので同じ波動(低い波動)を引き寄せてそのような現実を経験しています。同じ波動とは波長が合っているということになるので、低くても高くても心地良いわけです。

波動についての記事はこちらです↓↓

波動の強さを活用する方法
波動の強さについて、人にはそれぞれ持っている波動のパターンがあること、どうしたら波動が高く強くなるのかをお伝えしています。

決してネガティブが悪くてポジティブが良いということではないです。

過去の私自身もネガティブで自己否定しまくりの時期がありましたので・・

すべてのものには陽と陰、善と悪、光と闇など2つの面があり、私たちは日々バランスを取りながら自分が望む波動を引き寄せているのです。

ネガティブな人がネガティブワールドを満喫したい、でもあなたはポジティブでいたい・・そんな時どうしたら良いのか?といいますと、ネガティブな人がどんな状態でいるのかを感じ取ってみるということです!

スポンサーリンク

ネガティブな人との付き合い方

人間関係にはマトリックスなるものが存在していて、ネガティブな人対ポジティブな人との関係と、頭が真白になってしまう人と批判する人の関係の2種類から成り立っているのだそう。

まさに、人間関係のマトリックスに私と母の関係があてはまります・・ポジティブ×ネガティブ・・

このような場合、相手を無理に自分の座標軸に合わせることは無理なのだそうです。

そこで先ほどお伝えさせて頂いた、ネガティブな人がどんな状態でいるのかを感じ取ってみるところから始めてみると良いとのこと!

ネガティブな人がその場所(思考)にいる時、どのような状態なのか感じてみる・・・

苦手な人との付き合い方

冒頭での母との言い争いですが、私の母の場合、もしかしたら家の問題について自分ではもうどうしたら良いからからない、助けて欲しいと思っていたのではないか?という気持ちになりました。(母は頑固ですので助けて欲しいなどとは決して言えない人ですw)

相手が口で言っている言葉とは違うその人の本当の気持ちを感じてみることで、今まで気付かなかったことがわかって許容できるようになり、良い関係を築いていけるのだそうです。

今回ネガティブな人との付き合い方について本田健さんのお話を参考にさせて頂きました。

本田健さんは作家でライフワークを中心に自己啓発などについて、セミナーやオンラインサロンなども開催されている方です。

こちらの記事でご紹介しています↓↓

風の時代にお金に愛される人になる、セミナー前の感想
風の時代にお金に愛される人になる、本田健さんと並木良和さんコラボのセミナーが開催されます!セミナー前の感想をお伝えしています。

波動の法則を意識していると、自分はポジティブでいたいのにどうしてわかってもらえないんだろうとか、ネガティブな人に引っ張られたくないという気持ちになり葛藤が起きてしまうことがあります。

相手の本当の気持ちを感じることは、その人の波動に自分を合わせるということではありません。

お互いの心地良い場所をキープしながら理解しあうといった感じです。

もし、身近な人にあなたと正反対の人がいてイライラしたり落ち込んだりしてしまった時、相手の本当の気持ちを感じてみることをおすすすめします!

少なくとも私にはとても効果がありましたのでw

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメント