映画えんとつ町のプぺルを観た感想ネタバレ注意!

えんとつ町のプぺル 雑談

こんにちはmayaconです。

えんとつ町のプぺルの映画を観に行ってまいりました!

絵本を読んでいたので何となく想像はできていたつもりだったのですが、いい意味で裏切られました。

はじまった瞬間、心臓がドクンドクン・・・絵本の世界に迷い込んだような幻想的な映像に思わずうるっときちゃいました!

しょっぱなからハートをわしづかみにされ、想像を遥かに超えた物語に引き込まれてしまった私です・・・

ここからネタバレありますのでご注意ください!

スポンサーリンク

映画えんとつ町のプぺルの感想

冒頭で書かせて頂いた通り、しょっぱなからハートをわしづかみにされてしまいましたw

ゴミ人間誕生の瞬間の映像・・素晴らしかったです。

えんとつ町の様子も観たこともない世界なのに、どこか懐かしさを感じるノスタルジックな雰囲気があり、細部に至るまで細かく描写されていて美しかったぁ~・・・

まだ余韻に浸っていたいほどです♪

オープニングはハロウィンのダンスがら始まり、ワクワク感満載です。

ハロウィンダンス実写版YouTubeでもアップされています♪

その後のルビッチとプぺルの出逢いからはジェットコースター状態、一気に物語の世界へと引き込まれていきます。

西野さんは書籍『ゴミ人間・日本中から笑われた夢がある』で絵本を映画のチラシ(宣伝)として出版したと語っていました。

始めから映画を作ることを視野に入れて絵本を制作されたそうです。

絵本は宣伝というだけあって絵本を読んでも、映画の物語は想像もつかない内容でした。

ルビッチの父親であるブルーノのことも、この世界について疑問や違和感をもつことを取り締まる異端審問所(いたんしんもんじょ)についても、ルビッチたちに協力してくれる仲間たちも絵本には描かれていません。

ホントにこの映画凄いです・・海外でも上映されたら大変なことになるのではないかと。(台湾上映は決まっているらしいです)

この映画を観て一番強く感じたことなのですが、『心の叫び』のようなものです。

心の奥から湧き上がってくるような、信じることを伝えたい叫び・・・

こんなにも心に深く訴えてくる叫びを感じた映画は、ここ最近観たことがありません。

ルビッチが初めて、感情をむき出しにして、見たことがない世界を信じようとしない人たちに叫んだ言葉が耳に残って離れません・・思い出すとまた、うるっときてしまいます。

「誰かみたのかよ!!あの煙の向こうがわを・・」

「誰もみてないだろ!!」

「だったら、まだわからないじゃないか!!」

えんとつ町は長い間ずっとずっと煙に覆われていた夜の世界です。

そこで暮らす人々は煙の向こうの世界などありはしないと思い込んでいるのです。

父親であるブルーノが言った「煙の向こうに星空がある、たった一人になっても信じぬくんだ」という言葉をずっと信じ続けたルビッチ、友達の素晴らしさを知ったゴミ人間のプぺルと一緒に、誰も信じなかった奇跡を起こしたのです。

えんとつ町のプぺル
スポンサーリンク

心に訴えてくる叫び、奇跡は起きた!

なぜこんなにも心に深く訴えてくる叫びを感じた映画は、ここ最近観たことがないと感じたのか?といいますと、この映画はある意味でノンフィクションだからだと思います。

何年か前に、西野さんは「ディズニーを超えたい」とおっしゃってました。

その後の出来事は、私たちも知るところです・・・

周りから否定され、人々の常識に当てはまらないというだけで誹謗中傷をあびせられていました。

しかし西野さんは芸人でありながら絵本を映画にし、興行収入20億円、観客動員数150万人突破という実績を成し遂げました。

おそらくこれからも世界各国で上映され、奇跡を起こし続けることと思います。

当時西野さんや支援する仲間たちを否定していた人たちに、信じぬくことで、誰もがあるはずないと思っていた世界があることを見事に証明してみせたのです。

この映画はとらえ方によってはディズニーを超えたと、私は思います。

名だたるディズニー作品を観てきたディズニー好きな私ですが、ここまで心を揺さぶられたディズニー映画を観たことがありません。

この様に感じるのは、西野さんが起こした奇跡を目の当たりにし、いつか自分にも起こせる奇跡があるかもしれないという希望を持てたからだと思います。

きっとこの映画を観て同じように感じた方がたくさんいらっしゃると思います。

西野さんご自身が自分を信じぬくことで奇跡を起こせることを証明して見せてくれたのだと。

プぺルに呼ばれたことから始まった、この映画を観るということですが、呼ばれたのにはちゃんと理由があったことを知ることができました!

映画の上映期間は全国で異なるとは思いますが、機会がありましたらぜひご覧になることをおすすめします!

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメント