波動の強さを活用する方法

自分らしく生きる

こんにちはmayaconです。

引き寄せの法則や波動のちからをつかっていろいろお試し中の私ですが、以前、波動を感じることについての記事の中で、波動には強さもあることがわかったと書かせて頂きました。

今回は、なぜ波動には高さだけではなく、強さも必要なのかということについてお伝えさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

波動には4つのパターン

まず、人が持つ波動には4つのパターンがあるそうなのです!どの様なパターンかと言いますと・・・

1.波動が低くて弱い人

2.波動が低くて強い人

3.波動が高くて弱い人

4.波動が高くて強い人

簡単に説明しますと、波動が高い人はポジティブに物事を捉えるタイプで低い人はネガティブに物事を捉えるタイプ

波動が強い人は自分に自信があるタイプで、弱い人は自分に自信がないタイプという感じです!

例えば波動が高くて弱い人の場合、とてもポジティブで良い人だとしても、波動が低くて強い人の影響を受けやすくネガティブに同調してしまう傾向があるのだそう・・

なんとなく、わかります。。。

この波動のパターン、どれが良くてどれが悪いというのではありません!

人は皆その時々で一番自分に居心地が良い(波動が合う人や環境)状態を引き寄せているだけだからです。

人間として生きている限り、ネガティブな面を見ることは自然なことだと思います!

ただ、ずっとネガティブを見続けるのか・・・ポジティブを選択していくのか?だけなのです。

今回の波動のお話は波動コンサルタントの桑名正典さんの情報を参考にさせて頂いています!

書籍も発売されていますが、品切れになっていることもあります。増刷中らしいので、書店で取り寄せも出来るとのことです。

スポンサーリンク

波動の強さ

波動が強い状態というのは、自分に存在価値があることを認めていて、人と自分を比べない、自分軸がしっかりある状態だと思います!

確かに、ネガティブ思考で自分に自信がある状態は影響力強そう・・

波動の強さをコントロールするのであれば、一番の近道は自分には価値があるということ、望む現実を引き寄せるちからがある、愛すべき存在なんだと思うことだと思います。

人に何か言われたり、不安を煽られる様な場面に遭遇しても、「なんだかわからないけど、私は大丈夫!」みたいな感じです。

私は大丈夫

軽く受け流していれば良いのです!

右から左へ受け流す

むかし、ムーディ勝山さんというピン芸人が歌ってましたね~!

右から右から何かが来てる・・・僕はそれを左へ受け流す~

いきなりやって来た~右からやってきた・・・ふいにやってきた、右からやってきた、僕はそれを左へ受け流す、右から左へ受け流す、左から右へは受け流さない、右から、右から、そう右から来たものを~ぼくは左へ受け流す・・

もしもあなたにも、右からいきなりやってくることがあれば、この歌を思い出して、そして左へ受け流して欲しい、右から来たものを左へ受け流すの歌

のってきたので、全部書いてみましたw

左からやって来ても、軽く受け流して良いと思います

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメント