お守りの効果とは神様への通信機

願う 雑談

こんにちはmayaconです。

年末年始や、旅行などで立ち寄った神社等で、商売繫盛や縁結びだったり受験合格であったり、ご利益を授かりたい時にお守りを購入する事があることと思います。

私もその様な感じで、お守りを購入してカバンの中などに入れて持ち歩いたり、車の中に置いたりしています!

以前おふだの効果について記事を書かせて頂いた時に、ちらっと登場したお守りのお話ですが、おふだより身近でお持ちの方も多いとのではないかと思い、今回はお守りの効果についてお伝えさせて頂きたいと思います。

おふだの効果の記事はこちらです↓↓

おふだの効果とは神様の波動
おふだの効果について、おふだには神様の波動が入っていて、神社によって異なり、様々であること等お伝えしています!
スポンサーリンク

お守りの効果

お守りもおふだと同じく、神様の波動が入っているのだそうです!

同じ神様の波動が入っているものなのですが、それぞれ役割が違っていて、お守りは基本持ち歩くものなのです。

神様の波動を持ち歩くことで、サポートが頂けるとのこと♡

なぜお守りを持ち歩くのが良いのかといいますと、いざという時に神様に助けてもらうためで、お守りを持っている人が神様に助けてとSOSを発した時、神様や眷属(けんぞく、神様のお使い)が、どこにいてもお守りの波動を見つけることが出来、飛んできてくれるというのです!

緊急時のSOSはお守りを通じてストレートに神様に届く、通信機としての機能があるのだそう。

祈る手

緊急時にお守りをどの様に扱うかと言いますと、とにかく手のひらでしっかり握りしめるのだそうです!形が崩れてしまっても仕方ないそうです。

この方法はいざという時のために、覚えておくと良いと思います。せっかくお守りを持っているのですから、活用した方が良いですよね!

今のご時世ですから、コロナ予防のアイテムの一つとしても、持ち歩くのも良いかと。

お守りの波動の効果は半年しか持たないそうですので、ご注意下さい!(おふだは1年間です)

私お守りも1年間効果があると思ってました・・・(諸説ありますが、神様とお話が出来る桜井識子さんのご意見を参考にしております)

※お守りは家にいくつあっても良いそうですが、持ち歩く時は効果がより得られるためひとつにした方が良いそうです。

スポンサーリンク

波動が抜けた後のお守りは?

半年しか効果が持たないということですので、お役目を終えたお守りは、神様の波動が消滅した布の小袋になるため、保管していても問題はないそうです。

しかし、処分する時はご存知の通り、ゴミとして捨てるのは良くないので、神社の古札納所にお返しします。その際は購入した神社でなくても大丈夫だそうです。

お守りはただ何となく持つものではなく、神様の波動が入った小型通信機ですので、大切に活用させて頂きましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメント