ソウルフルワールドの感想

美しい世界 雑談

タイトルにさせて頂きました、ディズニーの新作映画ソウルフルワールド12月25日に配信されましたね~!

以前、ディズニー映画の魅力について記事を書かせて頂きましたが、その時点でこの作品は劇場公開予定でしたので、公開日に映画館へ観に行く気マンマンでしたが・・

コロナの影響でディズニープラス(動画配信サービス)での公開となりましたね。

しかし、ディズニー新作映画を自宅で観れる・・・それも好きなだけ!すごくないですか?!

ディズニープラスはディズニーがグローバルで展開する唯一の定額制公式動画配信サービスで、月額¥770(税込)です!

どうしても観たい作品でしたし、観たい時にいつでもディズニー映画が観れるので思い切って入会しちゃいました。新規登録だと、初月無料です。(31日以内の退会時は月額利用料はかからないそうです)

ディズニープラスの入会方法のサイトから新規入会へ進み、Dアカウントで登録して、ディズニーアカウントに登録、アプリをインストールするといった手順です。

ディズニー映画の魅力についての記事はこちらです↓↓

2分の1の魔法の感想とディズニーの魅力について
2分の1の魔法を観た感想、この映画は家族愛がテーマです。とてもお勧めのディズニー映画!ディズニーの魅力もお伝えしています。

ここからネタバレになりますので、作品を観るご予定の方はご注意くださいませ!

スポンサーリンク

ソウルフルワールドの感想

早速感想ですが、まず・・・泣きました、号泣です、家で良かったぁ~と言うくらい!

このお話は名前の通り、ソウル魂)が地上に生まれる前に準備を整える世界と、その世界から地球上にやってくる過程や、身体に宿って生きることについて描かれた作品です!

魂の世界はとても美しく、コミカルに表現されています。名前のないソウルたちが、地球上に生まれるために様々な個性を身につけるという所から始まり、最後の準備で地上で生きるための自分だけのきらめきを見つけたら、旅立つことが出来ます。

主人公のジャズ・ミュージシャンを目指す音楽教師、ジョー・ガードナーはやっと夢が叶う一歩手前で、マンホールに落ちて魂の世界へ行ってしまいます。

そこで22番という、名立たる※メンターを何千回も失敗させて、自分のきらめきを見つけられないでいるソウルのメンターを任されます!22番は地上に行くことを頑なに拒んでいるのですが、どうしても地上に帰りたいジョーと手を組んで・・・

※メンターと言うのは、ソウルに自分のきらめきを見つけさせる先生みたいな感じです

そして誤って、22番とともに地上へ降り立ち、こともあろうに22番はジョーの身体に入ってしまうのです。

ジョーの身体に入った22番は地上でいろんな体験をしていくうちに、地上での暮らしにきらめきを見つけていくのでした・・・

この作品を観ている中で、地上で生きるソウルが不安や恐れに飲み込まれて、本当の自分が分からなくなり迷子になってしまうという場面は、現代を生きる私たちと重なるところが感じられました・・・

ジョーは最後に自分の身体に戻り、夢を叶えることが出来るのですが、なぜか想像していた感覚と違う・・・と戸惑います。

そして、22番が自分の身体で感じたきらめきを思い出し、自分のきらめきとは、ただ夢を叶えることではない事に気付くのでした。

今のこの身体で生きていることについて、深く共感できた本当に素敵な作品でした♡

この映画の製作に携わっている人の中で、本当のソウルフルワールドを見たことがある人がいるのではないかな?などと思っちゃうくらい・・・

最後までご覧頂きありがとうございました!

雑談
スポンサーリンク
mayaconをフォローする
ひみつのあこブログ

コメント