引き寄せが上手く行く方法、小さな変化を意識すること

小さなクローバー 雑談

こんにちはmayaconです。

なりたい自分になるために、会社を早期リタイアしてから3ヵ月ちょっとが過ぎました。

まだまだ、望み通りの自分になれていないと悩んでいた時、YouTubeの動画である情報をキャッチし、ここ最近の自分の変化について改めて考えてみました!

引き寄せの法則や、自由に楽しく生きることで、目に見えて大きな変化が起こると思っていたのですが・・・どうやらこの地球に暮らしている以上そんなに極端なことはすぐには起こらないことに気付きました。

まず、あまり意識していなかった小さな変化をしっかり、意識してみようと思い、私なりに考えてみて分かったことを、今回はお伝えさせて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

人間関係について

引き寄せの法則など知らなかった頃の私は、とにかく人に気を使い、自分が人からどう思われているかがとても気になっていました。

人に合わせて上手に生きていくことが、人間関係を円満にする唯一の方法だと思い込んでいたのです!

会話をしていて、自分が思っていることと相手がまったく逆のことを言っていても、否定することもなく、全て相手に合わせていました。ただただ相手と気まずくならない様に、自分の考えなどほぼないのと同じくらいです・・・

それで人付き合いが上手くいくなら良いし、私の意見なんて・・・と自分のことを人と比べて、卑下していました。

今の私は、決して人と自分を比べてません!自分をしっかり意識していると、人は人と思えるようになり、無理に相手に合わせて付き合うこともなくなりました。

それどころか、合わせなくてはいけない様な人が周りからいなくなりました!これは今までの私の人生ではありえなかった事です。

そしてここ数か月の間に出会った人が皆さん、好きな事を自由にされていて、お手本にさせて頂きたいと思うことが度々あります!

以前ご紹介させて頂いた、やりたいことを全部やってみるという本を読んだとき、なりたい自分に近いロールモデルを見つけること!と書かれていて、(ロールモデルとは自分の理想像です)

ロールモデルなかなかいないなぁ~と思っていたのですが、知らないうちに見つけていたことに気付くことが出来ました。

以前の記事はこちらです↓↓

なりたい自分を引き寄せた、小さな偶然が重なったことについて!
筆者が、会社を早期リタイアして自由になるまでに起こった、様々な偶然の出来事をご紹介しています。
スポンサーリンク

行動力

最近の私の行動力は、改めて考えると驚きます

以前は平日は社畜のように必死で働き、休日は何もなければほぼ寝ている・・・ただ無駄に時間が過ぎて行くのを待つ、そんな暮らしぶりでした。

今では、その日一番したいことをやります!ブログを書く、大好きな雑貨屋さんに行く、神社に行く、友達と美味しいものを食べに行く、前から予定が入っている時はそちらを優先しますが・・

気になる情報を見つけたら、迷わず試してしまいます!

休日以外はただひたすら、忍耐で乗り切り、月曜日が来るのが憂鬱で仕方なかった・・・そんな私はもういません!幸せですw

自然のものに興味

以前と比べて、信じられないくらい、植物や花、天然石などに興味を持つようになりました!

今では、お部屋に植物が沢山です。買い物に出かけて、お花のコーナーを見るなんてことは今までなかったのですが、今では必ずお花のコーナーへ立ち寄ってしまいます。

天然石もパワーストーンは知っていて興味を持ったことはあったのですが、水晶のクラスターや天然石の原石など、見たこともありませんでした・・・今では月山まで行くほどに!

良く考えてみると、興味を持つものもだいぶ変わったのだなぁ~と思います。

月山へ行った記事はこちらです↓↓

月山の紅葉と天然石
月山の紅葉情報と筆者が遭遇したエピソードをお伝えしています。

引き寄せが上手く行く、小さな変化に気付くこと

小さな変化を意識してみると、引き寄せの法則を始めた結果、今の自分はこんなにも変わったんだと気付くことが出来ました。

この様にして、今の自分が変わったこと、どんなに小さな変化でも見つけてあげると、波動が徐々に上がって行き、引き寄せも上手く行くとのこと・・・なるほど~

会社をリタイアしたばかりの頃は、嬉しくて、ワクワク楽しく過ごして好きな事をやっていれば、収入もドンドン増えて・・・とフワーっとしすぎていて、少し地に足がついていなかった様に思います。

やはり、しっかり現実と向き合いバランスをとりながら、生きていくことが大切です!(もちろん、引き寄せたい現実も意識しつつ)

これからも自分らしく、現実とバランスをとりながら、やりたい事をやって行きたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメント